767名無しさん@おーぷん2015/05/24(日)22:09:06ID:oPM
多分、今までの人生で一番好きになったと思う。
帰国してもいつも電話で連絡取りあってた。
日本にも呼んだ。そのうち、彼女が遠い町に住むことになって
何度か会いに行った。そして、自分も就職が決まり、彼女とこれからの事を話した。




768名無しさん@おーぷん2015/05/24(日)22:15:40ID:oPM
彼女からは日本では住めない。自分はここに残ると言われ、
別れた。そして、2年が過ぎた。
留学していた時に友達になった大親友が結婚するというので、
久しぶりに留学していた街に行った。
結婚式まで時間があるので、市場を散策していると名前を呼ばれた。
彼女(元だが)の友人だった。




769名無しさん@おーぷん2015/05/24(日)22:18:13ID:oPM
彼女の家に行ったのかと聞かれ、別れてから行ってないというと、
何も聞いてないのかと訊かれた。どういう意味だと聞くと、
彼女は死んでいた。




770名無しさん@おーぷん2015/05/24(日)22:23:07ID:oPM
殺されていた。一年前に。
犯人は捕まっていない。
彼女が最後に住んでいた街に埋葬されたと聞いた。
会話の後、どうホテルに帰ったかを覚えていない。
親友の結婚式で、人生で初めて酔いつぶれた。
酔いつぶれた自分を見て、親友も驚いたが、
理由なんて言えない。
帰国してしばらく、放心状態だった。




775名無しさん@おーぷん2015/05/24(日)23:18:36ID:oPM
ありがとう

んで、入社した会社が超絶ブラックだった。
まず、朝の7時半から夜は早い時で8時、遅い時は10時過ぎまで、
土曜日は早くても3時まで仕事。残業代は一切なし。
日曜日や祝日は次の日の準備で昼から仕事。
もしくは接待で運転手させられて、日曜日の夜中に帰宅。
月曜朝から出勤。接待で夜の2時まで付き合わされて、
翌朝出張も頻繁だった。




776名無しさん@おーぷん2015/05/24(日)23:23:03ID:oPM
そのうち、業績が悪化してきたのか、まずボーナスがなくなり、
給料が減らされた。しかし社長は頻繁に新車を買い、クルーザー
まで持っていた。後で聞いた話だと、自分だけ他の人より多く
長い間給料カットされていた。担当先と問題があると
すべて自分の責任にされ、うまくいくと、すべて上司と取引先が
手柄になっていた。




777名無しさん@おーぷん2015/05/24(日)23:26:45ID:oPM
眠れなくなり、うつ病かと思ったが病院に行く暇などない。
40度の熱が出た時も、緊急外来に行って仕事に来いと言われるくらいだ
時間をくれるわけがない。
そんな時、彼女ができた。
取引先の関係者だったが、いつの間にか付き合うことになった。




778名無しさん@おーぷん2015/05/24(日)23:28:15ID:7nl
胸糞話じゃないといいな…




779名無しさん@おーぷん2015/05/24(日)23:31:33ID:oPM
バツイチで、小さい娘がいるといっていた。
写真を見せてくれたが、とてもかわいい女の子だった。
彼女を呼び、在留期限が切れるまで同棲していた。
将来のことを話し始めた時、今の会社を辞めてほかの会社に
移るまで時間がほしいと伝えた。その時はそれで話が終わったが




780名無しさん@おーぷん2015/05/24(日)23:36:30ID:oPM
>>778
多分、そうなります

ある日、いつも通り帰宅すると人気がない。
あたりを見回した。理解した。
家を出て行っていた。炊飯器には今朝炊いたご飯が残ってた。
冷蔵庫には彼女が作ったおかずが残ってた。
それ以外の彼女の痕跡がすべて消えていた。
机の上にメモがあった。
「心配しないで」




781名無しさん@おーぷん2015/05/24(日)23:45:10ID:oPM
携帯は持っていないはず。
家電の履歴には知らない番号が残ってた。
電話してみたが出ない。
市内中探したがいない。
バス会社、駅にも聞いたがそれらしい人はいなかったらしい。
彼女の実家に連絡してたが、何も連絡がないらしい。
そのうち、数日が過ぎた。
警察に行くと、事件性がないと動けないから、
自費でポスター作って貼ればいいと言ったので、
死体にならんと探さないということかと聞くと
その時になったら連絡するという、面倒くさい表情が
ありありと見える対応。
すべての知り合いに連絡をとり、何かわかったらいつでも連絡を
くれるよう頼んで、さらに数日が過ぎた。




8027652015/05/25(月)19:50:22ID:ugt
んじゃ、続きを書く。
うざかったら言ってくれ。すぐ消えるから。

数人から情報が来た。
とある町にいるらしい。どうやら通訳みたいな仕事をしているみたいだ。
彼女の実家にも連絡した。聞くと、本人から連絡があったらしく、
自分が聞いた情報と一致した。悩んだ挙句、クビを承知で上司に状況を話し、
一日だけ休みをもらった。行先は彼女を見かけたという街だ。
行く前に彼女に関係するものをすべて捨てた。
使っていた食器、タオル、布団、そして彼女が座っていた絨毯。
いつもなら片道4時間かかる道のりを、車で2時間で走った。
恐怖心なんてない。事故で死んでもしょうがない。
そう思いながら走った。感情が消えていた。
その時から鬱気味だったのが、本当に鬱になったと思う。




1001オススメ記事@\(^o^)/2017/12/06 02:02:00 ID:syurabattle