617名無しさん@おーぷん2014/09/15(月)19:23:38ID:rcIKhskOv
私が離婚したのは12年前。
元夫が勤めてた会社から一部業務を暖簾分けという形で譲り受け独立した事がきっかけだった。
工場新設とか色々と立ち上げに際して資金繰りにも苦労していて元夫は3年近く殆ど家にも寄り付かない状態だった。
私は二人の娘を親に預けたりしながら前に務めていた会社に復帰して何とか家計をやりくりしていた。
結果的に私はそこの同僚と男女の仲になってしまった。
向こうも妻子もちだったけど既に別居中で離婚のタイミングを模索してる状態だった。
好きになったのは向こうから。
馬が合う人とは思ったけど不倫してまでとは最初は思わなかった。
子供もいるし。
でも何度も好きだって言われれば誰だって悪い気はしない。
自然と元夫よりそういう目でみてくれる今の夫の方に心惹かれるようになっていった。
でもダラダラと不倫生活を送っていくつもりはサラサラなかった。
付き合いだして三ヶ月目でこの先どうするつもりなのか聞いた。
向こうは私が一緒になってくれるなら今すぐにも離婚すると言ってくれたので、じゃこっちもそうしますと、そういう流れ。




618名無しさん@おーぷん2014/09/15(月)19:24:11ID:rcIKhskOv
向こうの離婚は実にスムーズだった。
奥さんもそのつもりでいたみたいだし彼が奥さんの要求を全のみしたので切り出したその日の内にほぼ全決着に至った。
私からの慰謝料100、彼からの慰謝料400。
末の長男は奥さんが引き取り長女と次女は彼が引き取るという形。
奥さんは専業主婦だったので全員引き取るのは不可能ということだった。
でも本音は家系を継いでくれる長男以外はそっちで面倒見て苦労しろという事だったんじゃないかと私には感じられた。
普通なら子供を女親が手放すとかあり得ないから。
養育費は月々十万ということで解決をみた。




619名無しさん@おーぷん2014/09/15(月)19:24:33ID:rcIKhskOv
問題はむしろ私の方だった。
私の方が簡単に決着すると勝手に思い込んでいたら、まったくそうではなかった。
切り出したとき彼は青ざめながらこう言った。
君は伴侶の旗色が悪くなったらとっとと男作って逃げるような女だったんだなと。失望したと。
もちろん私は反論した。
三年間家庭をまったく顧みなかったのはあなただろうと言った。
そんな言われ方するのは心外だと私は言った。
君が今の稼ぎでは老い先何も残らないし不安だと言うから一念発起して独立をしようと思ったんだ!と彼は声を荒げた。
ショックだった。
彼なりに家庭を思ってやっていた事だったんだと初めて知った。
だったら何でそう言ってくれなかったのと言いたかったけど、全ては後の祭りだ。
私は不倫してしまったし、もう再婚に向けて相手も離婚させてしまっている。
私たちはしばらく何も言わず黙り込んてしまった。
君がそういう女だと気づかず選んだ僕にも責任があるんだからしょうがないな
彼はそう言いながらフッと自虐的に笑った。
何も言えなかった。
気持ちの行き違い、私も悪かったけど思いを打ち明けずに三年家庭を放ったらかしてた元夫も悪いと思った。




620名無しさん@おーぷん2014/09/15(月)19:24:53ID:rcIKhskOv
私からの慰謝料200、新夫からの慰謝料400で決まった。
養育権は私。
元夫はまだまだ設立した会社の為に奔走していたし、とても子供の面倒を見ていられる状況ではなかったから。
私が元夫から全て奪ってしまうようで心苦しいから養育費は要らないと言おうと思ったら、向こうから20万払うと提案してきた。
彼の収入を考えて、そんなに受け取れないと固辞したが、君の為に出すのではなく子供の為に出すんだ誤解するなと怒られた。
その代わりに週末に必ず会わせる事、会わせる環境を整える事、新夫にも自分の悪口や会わせないような事をさせないと約束して欲しいと言われた。
そんな事は絶対にしないと約束しながら泣いてしまった。
罪深いことをしたとその時初めて自覚した。
彼がサインした離婚届を手渡すとき、子供の事を考えると地獄に落ちろと言えないのが辛いところだな、と一言いい残して彼は街中へと消えていった。




621名無しさん@おーぷん2014/09/15(月)19:25:18ID:rcIKhskOv
新生活は極めて順調だった。
もともと私の実子が人懐こいこともあり、夫の連れ子ともすぐ打ち解けてくれた。
長女も次女も同じ年だということもの大きかったと思う。
私も公平に扱う為に実子のほうに厳しく接するように心がけた。
元夫は律儀に欠かさず20万を振り込んでくれた。
4人の子供の養育となると共稼ぎといえどもかなり家系が厳しかった。
それと私のお腹には新夫との子も宿っていた。
私達の証として二人の間の子を一児もうけようと相談してつくった。
だから元夫からの振込みは正直かなり有難かった。

元夫は週末娘と会うたびに新しいゲーム機やソフトやおもちゃを買い与えた。
本当を言うと連れ子たちとのバランスを考えてほしいと思っていたが、
彼の気持ち考えるとやめて欲しいとはとても言えなかった。
彼のヨレヨレのシャツや曲がったネクタイを見ると何も言えなくなった。
夫も見てみぬふりして同じものを買い与えてバランスを取るようにしていた。




1001オススメ記事@\(^o^)/2018/01/19 17:02:00 ID:syurabattle