441名無しさん@HOME2013/10/30(水)19:47:54.530ID:???
仰向けで寝ている舅の目が覚め私を問いただし始めたので
舅から若干距離を取りつつ(両手足縛ったといっても暴れれば私に当たるので)
「すみません」と一言謝ってから、チャッカマンのスイッチをカチッと入れて
火を(火傷しない範囲で)舅のまぶたに近づけました

「熱っ!」と舅は怒ったり怯えたりし始めました。20年前のことです。




442名無しさん@HOME2013/10/30(水)19:49:41.200ID:???
いつも偉そうに暴言吐いたり暴力を振るう舅が、焦ったり怯えたりしてるので
おかしくなってきて、笑い気味に、チャッカマンを近づけたり遠ざけたりしてみました

「やめろ!やめろ!」と舅が怒鳴るので

「すみません、つい。おかしくて」と謝ってから
「じゃあこっちにします?」とスポイドを取り出しました




444名無しさん@HOME2013/10/30(水)19:53:45.240ID:???
書き忘れた。>>442も、もちろん20年前の話です。

そして間違えました!「じゃあこっちにします?」とは言ってなかった
私は「これなんだかわかります?」って言ったんだと思います
すみません。何せ20年前の話なので記憶に曖昧な部分があり…

舅はわからないと言うので、「○○です(漂白剤の名前)」と答えました
知らないようだったので「漂白剤の名前です」と言い、
パッケージにある注意書き、目に入ると失明の恐れがあるだとか、
万が一目に入った場合は流水で15分以上洗い流すとかの注意点を読み上げました




447名無しさん@HOME2013/10/30(水)19:59:29.530ID:???
舅が面白いように怯えるのでかなりおかしかったです

そして舅から若干距離を取りつつしゃがんだ状態で、
またチャッカマンの火を近づけたり遠ざけたりして
「眼球は、濡れてないと保護できない気がするんですけど
火で炙って乾燥したらどんな感じになるんですかね?」とか
「漂白剤って目に入ると失明するらしいですけど、
どれぐらいの量が適量なんでしょうね?」とかしばらく雑談して楽しみました(20年前に)




449名無しさん@HOME2013/10/30(水)20:04:11.510ID:???
何をやっても舅がやめろとしか言わないので
「謝ったりとかはしないんですか」と訊くと
「謝ってやめるなら謝る」とのことだったので
「じゃあ謝ってください」と言いとりあえず謝ってもらいました
舅は「悪かった」と言ってくれました

なので「じゃあ謝ってくれたので選ばせてあげます」と
チャッカマンを手でカチカチしつつ
「眼球火炙りと、漂白剤で失明だとどっちかっていうと
どっちがいいですか?」と訊いてみました
20年前、初秋のことです




450名無しさん@HOME2013/10/30(水)20:04:20.340ID:???
20年前20年前しつこい




451名無しさん@HOME2013/10/30(水)20:05:12.090ID:???
イッちゃってたのね




452名無しさん@HOME2013/10/30(水)20:07:13.130ID:???
すると、謝って終了かとホッとしかけた矢先に選択を迫ったので
舅は面白いぐらいうろたえてどっちも嫌だと言います

「早く選ばないとこっちで決めちゃいますよ。いいんですか?
素人だからわからないですけど、たぶんどっちかっていうと
こっちの方が危険とかあると思うんですけど、本当に
私が決めちゃっていいんですか?どっちかに賭けてみた方が
よくないですか?」と笑いをこらえつつ確認しました(20年前)




453名無しさん@HOME2013/10/30(水)20:10:34.380ID:???
いくらなんでも時効過ぎてると思うんですが
やっぱりちょっと怖いので1レスに1度は20年前と断りたいです。すみません

でどっちがいいかチャッカマンやスポイドを交互に近づけつつ
何度も訊いたんですが、答えが返ってこない為、やむなく
「じゃあ注意書きにきちんと失明と書かれてるスポイドの方にしますね
火炙りで失明するかよくわからないので…治るかもしれないし」と
片手で目をガッと開かせて無理やりスポイドの液体を注入しました(20年前)




457名無しさん@HOME2013/10/30(水)20:14:13.960ID:???
暴れるので目薬嫌がる子どもみたいに垂れたりもしつつ
なんとか一定量が目に入りました
舅は目を閉じたままううううと暴れました

そこで「ひも(本当はタオルと結束帯ですが)がほどけないので
おとなしくしてください。おとなしくしないとほどきません」と
言い聞かせて、少しおとなしくなるのを待ちました。
そして結束帯をおさえつつ目を開けられない舅の体の向きを変えさせつつ
「もうすぐひもがほどけます。流しの方向はあっちです。
流水で15分以上流せば助かる場合もあるみたいですよ」と
言い聞かせて、結束帯を切ると、目を押さえながら舅は台所に一目散(20年前)




1001オススメ記事@\(^o^)/2018/05/19 02:02:00 ID:syurabattle