607おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/06/22(月)15:13:07.83ID:WDAhUtfr.net
とあるKYな後輩の言葉が、一人の老人の心を救った話って、武勇伝扱いで良いんでしょうか?
スレチだったら申し訳ありません。




608おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/06/22(月)15:18:34.71ID:M2F+AuwK.net
>>607
聞かずに書け!いきなり書け!
お前が武勇伝と思ったなら書け!
断り厨が出て来る前にとっとと書け!




609おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/06/22(月)15:20:13.02ID:vO7m2PtF.net
>>607
書いてからスレチと言われよう
はよ




610おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/06/22(月)15:23:04.27ID:WDAhUtfr.net
書いてからスレチと言われろとのお言葉に従おうと思います。
確かにその通り。

当然ですがフェイク入ってます。


私以外の登場人物

後輩A:私の後輩。高卒の新人。人間的には良い奴だが、社会人的にはKY。
Bさん:104歳のお婆さん。先日天寿を全うされました。

現場
老人施設。いわゆる特養。


私はとある老人施設で働く介護福祉士で、業務の他にも新人の指導育成も担当しています。

高卒で就職してきた後輩A君は、言葉遣いは悪いんですが、人間的には好感が持てる男でした。
基本的に目上には丁寧に接しようとするも、言葉遣いや言動が、どうしても高校の先輩後輩的なノリになってる、と言った感じで。
施設を利用するお年寄りに対しても、自分の親戚に話しかけるみたいなノリが多く、その辺が特に指導の対象になっていました。
基本的に、利用者に対しては敬語、丁寧語で接し、タメ口は好ましくないとされています。
仕事は真面目だし、頑張って覚えようとしてるし、返事もしっかりとする。
それだけに、言葉や言動が社会人的にはKYで評価を落としてるのがもったいない、と私も他の同僚も思っていました。




611おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/06/22(月)15:23:22.97ID:WDAhUtfr.net
そんなA君ですが、先日、結果的にですが良い意味でやらかしてくれました。

当時、施設には104歳になられたBさんと言うお婆さんが暮らしていました。
このBさん、晩年に体調を崩すまでは100歳を超えてもカクシャクとした方で、立って歩く事こそ出来ませんでしたが、それ以外は大半の事が自力で出来ていました。
本人も「私は元気なだけが取り柄」と笑って話すのが印象的な方でした。

そんなBさんでしたが加齢から来る病気や体調不良には勝てず、肺炎を患い、治ってからも以前のようには体が利かず、すっかり弱気になっていました。
以前は、自分で食べれていた食事は人の手を借りなければ無理。
以前は、しっかりと形のある米を食べれていたのに、今は全粥。
以前は、トイレに座って排泄が出来たのに、今はオムツ。
わずか数ヶ月の間の変化でしたので、健康が自慢だったBさんには耐えがたかったと思います。


「私はもうダメなんだね。すっかり弱ってしまって、情けないね」


と、弱々しく話すBさんは、以前とは別人のようでした。




1001オススメ記事@\(^o^)/2018/06/10 13:02:00 ID:syurabattle