858名無しさん@おーぷん2015/06/08(月)05:46:00ID:tEq
久しぶりに電車乗って思い出したから、学生時代の話を。


高校時代、私は電車通学だった。
乗ってるときは大体、携帯にイヤホンを繋いで音楽を聴いて過ごしてた。

で、とある日の夜。帰りの電車の中で立っていると、後ろからちょいちょいと肩を叩かれた。
振り返ると、ものっそい不機嫌な顔をした作業着のオッサン。
イヤホンを外して「何かご用ですか?」と聞くと、「携帯で音楽を聴くのを今すぐやめろ」とのこと。
音漏れでもしてたか?と思ったけど、音はかなり小さい設定にしていた。
それに外した数センチ先のイヤホンから音が聞こえてくることもないので有り得ない。

電車で携帯を使っていることが気に入らないのかな、と思い、
「この電車ではマナーモードにして通話は控えて、優先席付近でなければ携帯使ってもいいってことになってますよ」
と返すと、「そうじゃなくて!!」と急に怒鳴られてビビる私。静まり返る車内。
続きます。




864名無しさん@おーぷん2015/06/08(月)12:36:31ID:u0T
>>858
私も似たようなことあった。
仕事柄夜遅い帰りになることが多くて、その日も終バスギリギリに間に合うよう仕事を無理やり終わらせてバスに乗り込んだ。
私が乗ったときはまだ混んでなかったけど、1人掛け席はすでに埋まってて、2人掛けに1人で座ってた。
次のバス停で大量に人が乗り込んできて、私の隣には酔っ払いのリーマンが乗ってきたから、そのまま詰めて私が窓際、リーマン通路側になった。
立ってる人もいて満員バス。
翌日の仕事をスムーズにできるようにと、携帯で同僚に仕事の打ち合わせメールをしてたら横のリーマンが「飴あげる」とよくわからない個包装の飴を一つくれた。
いらないですと断っても「あげる」と言って聞かないので仕方なく受け取り、再びメールを続けてると、リーマン怒り出す。
「そんなにメールが大事ですか!今しないといけないメールなんですかー!」
いきなりだったし怖かったから「仕事のメールなので…」と言いながらメールしてると横で
「そんな風に人とのコミュニケーションを拒絶するのはー」とか呂律の回らない口調で説教し出す。
逃げようにも私が窓側だしほぼ満員だから逃げられない。
周りの人も痴話喧嘩と思ってるのか見て見ぬ振り。
あんまり腹たったんで、怖かったけど無言可能な限り瞬きもせずリーマンを見続けてたら(睨んではいない)絡むのを止めてくれた。
降りるバス停が一緒だったらどうしようって思ったけど、大丈夫だった。
貰った飴はリーマンの目に入るようにわざと置いて降りた。
ただの酔っ払いだとは思うけど、怖かった。
後で考えたら、話し相手になるフリして名刺でももらって翌日その会社に苦情を言うって手もあったなと思った。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/06/13 05:02:00 ID:syurabattle