771おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/10/06(火)00:19:11.33ID:SSEdzzVj.net
今までもその「気を付けないとシリーズ」を話の途中で私につきつけてくることがあった。
私「二度寝してた」→A「社会人になった時に癖にならないようにしないとな」
私「お菓子作りも楽しいよ」→A「食べてばっかりだと以下略」

余談だけども私は週一でジムに通って筋トレしてるし間食もあんまりしない。食生活には気を付けてるし向こうも知ってる。

Aは本気で私の健康を心配してくれているらしく、純粋な良心から出た言葉だし無下にするのも悪いと思って看過してきた。
が、いくら冗談言い合える明け透けな関係だからと言って女子に向かって(男子に言ったとしても)
「食べ過ぎると太る」はないだろうと、ちょっと冗談めかして
「それは流石におせっかいや!」
と言ってしまった。
案の定「心配して言ってやってんのに、その言い方はない…」
と。少し凹み気味。
うん、流石にお節介はきつい言い方だったと少しやんわり言い方を変え、「ごめん、言い過ぎた。心配してくれてるのは嬉しいから、もう少し言葉を選んでくれると嬉しい」
と言ったらあからさまに口調を変え「あーはいはいそうですか」と拗ねた態度に…。

これ以前に彼は私の言動なんかをキツく指摘してきて、
「自覚しなきゃお前とはとはもう友達じゃないから」
と言ってきたことがあった。
なるほどその時は私も無神経な事を言っていたし、非を認めてみんなに謝罪という案件があった。
上述にもあるように「悪いことは言ってくれ」と言っていた彼、言い合いになっても最後はしっかり受け止めてくれる度量はある。
わかってくれるだろうと言ったのが失敗だったらしい。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/07/12 17:02:00 ID:syurabattle