881名無しさん@おーぷん2015/08/27(木)18:06:02ID:VTq
重い話だけど。
元嫁に頼み込まれて再構築のために努力した期間が修羅場だった。

元嫁はいわゆるエネ夫の女バージョンで、
こんな単語はあるか知らないけど、エネ嫁だったのよ。
自分の実家や友達を自慢しつつ、うちの両親や俺の出身やら学歴やら職業をバカにする。しかも家でも人前でもだ。
俺が何を話しても、あんたの話は聞く価値なしとばかりに右から左へ聞き流すか、完全に否定する。
嫁の不機嫌で家の空気を悪くしてるのに、自分のイライラは俺のせいだと言う。
食事や洗濯なんかの家事は、出産で専業になったあたりから、徐々にやってくれなくなり、
俺のために朝起きたくない家事をやりたくないと、
かなりなことを言うので、だんだんやってもらうのが嫌になり、俺は毎日3食外食になった。
嫁は何でも強制的に自分の思い通りにしてるのに、俺への八つ当たり癖は治らなかった。

許せなくて何度も激怒した。冷静に話もした。
嫁は全く謝らないか、その場はごめんなさいと謝ってしばらくするとまた元に戻る。それの繰り返し。
子供のためにいい母親やってんだから、別にいいでしょって完全に開き直りをかましてた。




882名無しさん@おーぷん2015/08/27(木)18:06:33ID:VTq
子供のための生活だと割りきってたが、
いつか、嫁を殴るか何かしちまいそうで自分も怖かったのね。
そんなとき、よその女性を好きになり、悩んだ末に離婚することにした。
さすがに嫁がいる状態で浮気はしたくなかったし、もう精一杯努力したという気持ちもあったから。

支払うつもりの金、親権の話、弁護士に相談してから、嫁に話をもってった。
嫁はパニック起こして、今さら働けないし、子供もいる。考え直してって哀願したり、
離婚するなら、慰謝料ももらうし、財産も全部もらうから覚悟しろと脅しだしたりした。

それを一つ一つ話してった。もう夫婦は破綻してると、嫁は慰謝料もとれないし、もらえる金はこれだけだよと。
嫁はうなだれてた。
若い頃は離婚を盾に強気に出られたんだろうが、
歳取って長年専業では昔みたいな振る舞いはできなくなったようだった。
努力するのでもう一回チャンスをくださいと頼んできた。
俺は、再構築は考えられないから無理と何度も断ったが、努力する姿は見てからにしてという言葉を信じることにし、仮の再構築期間が始まった。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/07/17 07:02:00 ID:syurabattle