692おさかなくわえた名無しさん@転載は禁止2015/08/26(水)21:38:04.36ID:NNXw7/CI
※人死に描写有り、俺自身のクズ描写有り、長文胸糞注意

両親の他界後、別居していた妹が実家で餓死していたこと。
その身元確認で半ミイラ状態の死体を見せられたことがスレタイ。

妹は昔からちょっとおかしくて、
人とのコミュニケーションが上手くとれない子だった。
友達もほとんど作れず、いつも独りでいるような感じ。
発達障害とか何か原因があったのかもしれないけど、今となっては分からない。

成長するにつれそれは顕著になっていき、高校を中退してからは家に引きこもりがちになり、
たまにバイトに応募したりするも、初日で投げ出して無断欠勤、当然実家に電話がかかってきて、
母親が代わりに謝りに行き退職するなんてこともしばしばだった。

家族で何度も将来のことを話し合ったが、心療内科などの受診やカウンセリングは本人が頑なに拒み、
「自分は障害者じゃない!キチガイ扱いをするな!」
と激昂するばかり。

挙げ句は30歳を過ぎても
「自分は生まれてからずっとこの家で差別されてきた、両親は兄貴のことしか考えていない」
だの(実際は両親は妹のワガママや癇癪にかかりきりで、俺はお兄ちゃんなんだからと放置気味だったのだが)
「母親からイビられて生活してる、父親には昔からレイプされ続けてる」
等の妄想ばかり主張するようになり、
俺も両親もほとほと困って生活していた。

長すぎエラーで怒られたので分割しますごめんなさい。




693おさかなくわえた名無しさん@転載は禁止2015/08/26(水)21:39:50.67ID:NNXw7/CI
続き

そうこうしているうちに時が経って母親は循環器系の持病で亡くなり、
俺は仕事の関係で他県で一人暮らしをしていた。

実家には父親と妹が残る形になったが、
程なくして父親も肺を悪くして入院、
そのまま数年病院暮らしの末に他界した。
(両親の病気は本題とは無関係なので割愛)

父親が遺してくれた遺産は、生前に言われていた通り、弁護士さんを挟んで全て妹へ。
遺書も書いてくれていたので、これはスムーズに済んだ。
遺産とは言っても相続税非課税程度のもので、預金が僅かと実家の土地家屋のみ。

全てを妹に譲ったのは、両親がまだ健在だった頃に
「妹はあれではまともに生きていくことはできないだろう、兄のお前には申し訳ないが、俺達の残せるものはあいつに渡して、以後は一切関わらずに自分の人生を生きてほしい」
と涙ながらに頭を下げながら言われていたため。
俺も妹の面倒を見なくてはいいのなら、と何も不満は無かった。

法的拘束力が無いのは承知のうえで、
妹にはこれ以降の俺に対する接触禁止と、
どうしても暮らしに困ったら市役所に行き生活保護などを受けるようにという内容を文書にして伝え、
本人も自分の貯金と遺産があるので構わないということで、それ以降疎遠に。

次で終わります。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/09/23 09:01:00 ID:syurabattle