1名無しさん@おーぷん2018/03/23(金)07:42:19ID:Ccq
世間ではまだ理解されて居ないけど、香害っていうのがあるのよ。
こういうニュースにもなってる。
ttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180322-00164198-diamond-soci
親父は昔から匂いに敏感で、よく「香水きつい」と言ってむせたり、「汗臭いから風呂入れよ」って言ったりしてて、
或る日突然「洗剤の匂いがきつい。石けん使って服洗って」って言い始めた時は、家族全員で「今度は洗剤かよ。うぜえ」って思ってた。
更に親父は、家族旅行で泊まったホテルのダウニーの匂いがダメだと言って途中で帰ったり、そんな親父に家族はフラストレーションが溜まっていった。




2名無しさん@おーぷん2018/03/23(金)07:42:46ID:Ccq
そんな流れがあって、家族は親父を煙たがる中で、親父は明け方に喘息を起こすようになったんだけど、その時も「親父神経質になりすぎ。心の病なんじゃないの?」みたいな感じで放置してたし、もちろん洗剤や芳香剤も使い続けた。
次第に親父は憔悴していって、吸引機を使ってなんとかやり過ごしてる感じになって、ボロボロになっていった。ここで俺ら家族はさすがに心配になって、親父を無理やり心療内科に通わせた。
というのも、当時は香害という概念がなくて、俺らは親父のは昔からその気があった強迫神経症が悪化したものだと思い込んでた。しかしいくら通院しても親父の症状は良くならず、呼吸器科でも吸引機と喘息の薬を渡されるだけでなんの解決もしなかった。




3名無しさん@おーぷん2018/03/23(金)07:43:10ID:Ccq
家でも香料が入ってる洗剤とか芳香剤とか使わなくして対処しようとしたけど、親父の症状はすでに悪化してて、仕事中の会社の匂いや、俺ら家族が外でつけてきた匂いでむせ返るようになってしまった。
親父はとうとう早期退職してしまって、俺ら家族は「ごめんね、ごめんね」って謝ったんだけど、親父は「みんな知らなかったんだから仕方ないと」と弱々しく笑うだけだったを
そしてある日、朝起きたら親父はいなくなってた。みんなで心当たりを全て当たって、警察に捜索願まで出したけど親父は見つからず、数ヶ月が過ぎた頃に親父から手紙が届いた。




4名無しさん@おーぷん2018/03/23(金)07:43:42ID:Ccq
手紙には、退職金半分を使って田舎で古民家を買ったこと、そこで香害のない健やかな暮らしをしてること、山登りが趣味になったことが書かれていた。
しかし住所は書かれておらず、携帯電話も解約したみたいで掛からず、親父には連絡が取れない状態は続いていた。
俺らはできることなら親父にあってもう一度ちゃんと謝りたい。親父が今の暮らしが幸せだと言うなら、帰って来いとは言わないから何かサポートさせてほしい。




5名無しさん@おーぷん2018/03/23(金)07:44:05ID:Ccq
わかってはいる。悪いのは香害じゃない。俺ら家族の無関心と無理解だった。それを詫びたいというのもきっと俺ら家族のエゴに過ぎないんだけど、その機会すら奪われてしまったことを、時々親父から届く手紙を見るたびに思い出す。




6名無しさん@おーぷん2018/03/23(金)07:45:14ID:KaJ
いや、悪いのは全会一致で香害だろ
俺も理解されにくい障害持ってるけど全部それのせいにしてるで




7名無しさん@おーぷん2018/03/23(金)07:48:21ID:Ccq
>>6
でも俺らがもっと早く対処してればこんなに悪化しなかったと思うんだ。
親父が症状を訴えてから数年普通に洗剤や芳香剤を使ってたし…




8名無しさん@おーぷん2018/03/23(金)07:58:11ID:KaJ
>>7
親父は完全に被害者だがお前らも悪くないよ気づくのは当時としては無理ゲーだったろうし
あんまりおもいつめなさんな




9名無しさん@おーぷん2018/03/23(金)08:00:12ID:Ccq
>>8
そう言ってくれると心が安らぐ…
食物アレルギーなんかはだいぶ認知されてきてるけど、香害も早く認知されると良いなと思う。
珍しい障害持ってる人って本当に大変だよな…




10名無しさん@おーぷん2018/03/23(金)08:06:47ID:exC
3大絶対欲しくないアレルギー
太陽光アレルギー
米アレルギー
科学物質アレルギー




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/10/07 07:02:00 ID:syurabattle