813名無しさん@おーぷん2018/07/28(土)22:29:00ID:gBb
ごめんなさい、状況描写ばっかりになった長文の愚痴の素を今から投下します。

先々週、ポストに工事の案内が入ってた。道路の拡張とか側溝の整備とかするらしい。
一部夜工事があって、裏面の地図見たらウチのすぐそばの範囲。
あちゃー寝られるかなでも仕方ないか、と思って夕食時に家族に工事の事と案内書の話をした。
みんな、ふーんそっか程度のリアクション。

うちは夫、私、息子(高1)、娘(中二)
この辺りは市内でもかなり昔に分譲された土地で、昔ながらの広めの敷地に大きな家が集まる住宅街。
でも元々住んでた人たちの高齢化が進み、次第に空き家が増え、といってこんな広い土地は費用もかかるし買い手も付きにくい。
そこで敷地を2,3分割してそれぞれに1戸建を建てて売る、という手法が取られ、ほとんどの空き家が1件当たり2,3件になって新しい住人が入ってきた。
うちもその一つ。
うちの隣はまだ昔ながらの家屋(以下A宅)で、老夫婦とその娘孫が4人で暮らしている。旦那さんは数年前に病没されて実家に戻ってきた。
A母と私が歳が近く、娘同士が同級生ですぐ仲良くなり、A祖父母も良い方で、以来家族ぐるみでお付き合いさせてもらってる。

で、先週。
うちの娘はA宅でA子と勉強してたらしいんだけど、忘れ物に気付いて一旦自室に戻った。で、取るもの取って部屋から出ようとした所でチャイムが鳴った。
当時在宅してた夫がインターホンで対応したらしいんだけど、その物腰が酷かったららしい。
「は!?」
という夫の第一声に驚いた娘は、息を殺し気配を隠し階段をそろ~と降りて様子を伺う事にした。
「何それ、話聞かないかんの!?」『いえ、お忙しいのでしたら…』
「どんくらいかかるの!?」『あ、いえ、説明はすぐ済みますが…』
「はぁ~~!!(溜息)」
相手の発言に被せるように怒声を放つ夫に、果たしてどんな来訪者か興味を持った娘は、夫が外に出た後にリビングに回り、窓を少し開けカーテンの隙間から外の様子を伺った。
来訪者は作業着を着ており、工事の人みたいだった。そういえば工事の案内が入っていたけど、それ関係かな?と思い、実際そうだった。




814名無しさん@おーぷん2018/07/28(土)22:29:43ID:gBb
「で!?なに!?」『この度は工事で云々』
「は!?工事!?」『先週頃に案内をお配りさせて頂いておったのですが』
「で!?」『○○様(うち)にはご迷惑おかけ致します、また夜の作業もありお騒がせする事と…』
「ほんとだよ!そーは言ったって結局工事はするんだろ!?」『はい、誠に申し訳ございません』
「で、いつすんの!?」『はい、まずはあそこをどーとかこーとか』
「あっそ、はいはいわかった。終わり?」『恐れ入りますが、良ければこちらに私が伺ったという事でサインを頂けますか』
「は、いらんだろそんなの!」『申し訳ありません、市に提出せねばならないので…いえ、こちらでチェック入れとくので、大丈夫です。お手数おかけしました』

『工事期間中はご迷惑おかけしますが、安全に…』
と挨拶する工事の人を無視してさっさと自宅に戻る夫。工事の人はすぐ頭を下げ、ドアが閉まる音がしても暫く頭を下げたまま、そして頭を上げて首の後ろを少し撫でて次の訪問先に向かっていった。

娘は大層ショックを受けたと言っていた。父の粗暴な対応もそうだが、工事の人が心底参ったなぁといった感じが焼き付いて離れないと。
更に加えて先々週、やはりA宅にお邪魔していた娘はその時A宅に訪れた工事の人にA家の人が丁寧な対応をしたのを見ており、その落差に驚き失望した。
リビングを過ぎ、そのまま奥の自室に引っ込もうとした夫の背後に「最低。信じられない」と一言だけ言って娘はそのままA宅に逃避。
仕事で17時過ぎに帰宅した私に、「今日はA宅に泊まる」と娘からメールがあった。
それまでも頻繁にお泊りさせて貰っていたが余りに急すぎるので、お詫びと娘に急には駄目だと言おうとA宅に伺った。
するとA母と祖母から娘の様子がおかしいと聞かされ、今日の所はうちで預かる、それとなく聞いておくからそっとしてあげた方がいいだろう、と仰って頂き、
恐縮ではあるがお言葉に甘える事にした。それで、その夜に上記の娘視点の経緯が発覚した。

その日はもう遅かったので翌朝夫に事の次第を確認し、とにかく一度話をした方が良いと娘に電話するが、当然娘は拒否。貴方の言い分を伝えるだけでもいいいから、と言っても拒否。
その電話のやり取りを見ていた息子が、俺が行ってくるとA宅に向かい、30分程で娘と共に帰宅した。

話し合いと言っても、娘が夫の所業を責め立てて、逆切れした夫が家出。行先は恐らく同市内の実家だろうと思い、義母(超絶良い人)に連絡。
義母は涙声で「急に来たと思ったら暫くこっちいにるなんて言うから。本当にごめんなさい、私としても蹴り飛ばして追い出したい所だけど、娘ちゃんが嫌だろうから暫くウチで預かります。本当にごめんなさい」
と謝られてしまった。なんだかもう情けなさ過ぎて言葉も出なかった。

で、結局今日まで家出してたんだが、先ほど夫から電話があり、何とも消沈した声で今回の謝罪と明日みんなに謝る機会が欲しいと言ってきた。
その上で、私や娘の意向がどんな事であっても従うから、と。
息子と娘に確認し、娘は嫌々ながらも了承し、明日夫が帰宅してから再度話し合いの場を設けることに。

電話口では随分と反省してたようだけど、果たして明日どうなるやら。今週はどっと疲れたけど、最後にまたとんでもないのがきた。
明日も気が重い。区切りがつくと思って頑張るけど。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/10/13 23:02:00 ID:syurabattle