72おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/04/04(土)07:12:40.50ID:m5hXDVlS.net
おはようございます。
休日の朝に珍しく早起きしたので書かせて下さい。

私は二十代の女で普通にOLやってます。
数年前、一つ下のイケメン君が私のいる課に配置されました。
イケメンな上に若手のホープで高身長、誰にでもフレンドリーですぐにアイドル状態になりました。
大袈裟な話ではなく、女性社員は誰もが彼の恋人になろうと連日猛プッシュしてました。
私も難しい案件でも速やかに颯爽とこなす彼に憧れを抱いたものの、
当時自他ともに認めるデブスだったので私なぞが見ることすらおこがましく感じ逆に頼まれて同僚のアシストに回る日々でした。

そして大きな仕事が一段落した後日、課長の計らいで盛大な飲み会が催されました。
隅でひっそり飲んでいる私の元に、ベロベロに酔ったイケメンがやって来ました。
そして私の前に大皿を寄せ、「これ食べなよ」とニコニコしながら言います。
飲み会になると自然と雑用係りにおさまるので飲むばかりで中々ゆっくり料理を食べれないので、
その時は私が料理に箸をつけてないことを気にして下さったんだ、こんな隅々まで目が届くなんてすごいなと感動しました。
お礼を言って有り難く小皿によそい、料理に口をつけた瞬間イケメンと周囲の取り巻きが吹き出したのです。

「ちょwwなに共食いしてんだよww」
笑いながら大声で言われ、よく意味が分からなかったのですが直ぐに察しました。
口にしたのは豚肉の料理で、それをデブな私が食べたもんだから共食いだと笑われているのだと。
周囲を壁のように囲む取り巻き達もみんなでクスクスと笑い合い、
始めから馬鹿にされていたのだと死んでしまいたいほどの羞恥を感じました。
その日からイケメンも取り巻きの女子社員も苦手になり、逃げるよう会社ではただ仕事のみを追い続けました。
定番でしょうが昼休みもトイレにコソコソと隠れて過ごし、
仕事に関係ない雑務も進んで引き受け没頭することで必要最低限の会話で済むようにしました。




73おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/04/04(土)07:15:42.75ID:m5hXDVlS.net
しかしその飲み会が思わぬ転機となりました。
家に帰って一人になるとあの羞恥と自己の情けなさがフラッシュバックするようになり、
会社のトイレで食欲が出るはずもなくめっきり食欲がなくなり、
寝付きが悪くなり寝る前に運動をして疲れで眠るような生活にすると体重が大幅に減って標準体重よりも軽くなってました。
やましい動機とはいえ、仕事に全力で向き合ったことが認められ少し立場も上がりました。
そうなると必然的に人前に立つことも増えるので身形に一層気を使うようになり、自分でも驚くほど外見が変わりました。

その頃からイケメンに頻繁に飲みに誘われたり、職場でもおかしいほど話しかけられるようになりました。
噂では取り巻きの女子社員の中でもとくに美人な数人と一通りお付き合いを済ませた彼は、
きっと物珍しさで自分に靡かない私に構いだしたのだと感じました。
以前に私を笑い者にしたことも、この人には取るに足らないどうでも良いことなんだなと。
臆病者なのでイケメンに対して何をした訳でもありませんが、ひたすら誘いは断り最低限の会話で過ごしました。

だというのに、先日突然に結婚を前提に付き合ってほしいと頭を下げられました。
その姿を見て、この人は今まで誰からでも愛され、求められ、拒絶されたことがないんだな。
だからこうやって昔自分が馬鹿にし笑い者にした人間にすら、
付き合いを強要しても他の取り巻きのように愛情を与えてもらえる、端から断られるなんて思ってもみないんだなと。
彼が恨ましいような、今まで言い訳ばかりで楽をしてきた自分が情けないような、不思議な感傷がありました。
再度きつくお断りましましたが、彼は呆然となぜ?どうして?といった表情で私を見つめているだけでした。
何だかそれも侘しく感じていましたが昨晩またしつこくディナーに誘われ、
きっと彼は難攻不落の私というゲームで遊んでるだけなのか?とその神経の図太さに心底呆れ果てました。。
取り巻きの彼女らも怖いのでイケメンい対してあまり攻撃的にもなれず、会社に組み込まれてる者としては生きにくい次第です。




75おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/04/04(土)07:41:29.03ID:xYR555Ns.net
>>72
文章が長文&きめえ。
釣りだったとしても、シンプルにしてくれ。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/10/10 07:02:00 ID:syurabattle