765名無しさん@おーぷん2014/09/27(土)20:48:53ID:8O86ZE79x
まだ20代前半の頃のはなし

私は上京して一人暮らしをしていた。
そこへ幼馴染のA子がアポなしでやってきた。
久しぶりに会うA子にすごくビックリした。結婚してA子も東京にいるのは知ってた。
まだ携帯もネットも普及していない時代だったから、年賀状で近況を知らせ合うのが当たり前。
A子の顔は痣だらけで、こんな言葉は当時はなかったけど、DVだと察しはついた。
話をきくと、A旦那は賭け事で借金がかさみ、A子に風俗へ行くように命じた。
A子拒否。怒り狂った夫に暴力で脅され、監禁されたけれど夫の目を盗んで着の身着のまま逃げ出してきた。
年末の寒い中、薄っぺらな上着を脱いだA子はほつれてポロポロのセーターに膝の抜けたジーンズ
穴の開いたよれよれのスニーカー、靴下も履いてなかった。
手にしているのは私の年賀状だけ、お金がなくて半日歩いてやって来たそう。
庇ってやろうにも、生活の面倒見てあげるほど私もお金を持ってない。
年賀状等もすでに何通か送っているので、私の住所がばれるのも時間の問題。
私の母が義父にDVを受けていたのに警察が何もしてくれなかったし
都会の警察は違うかもしれないけれど、警察に呼び出された義父が帰宅してから
母にさらに暴力を振るっていたのも見ていたので、警察もダメだと思った。
私も東京に知り合いがいるわけでもなく、同僚とはこんな修羅場に巻き込む程親しくない。
A子にしても、助けてくれる知り合いがいるなら私のところになんか来ない。
とりあえずA子を風呂に入れて私の服を着せて、二人で途方に暮れていた。
A子はいくらかお金を貸してほしい、きっと返すから、と言って泣いた。現実的にそれしかない気もした。
その時、ピンポンが鳴った。
私たちはドキドキして顔を見合わせ、私は玄関にまさに忍び足で向かい、ドアスコープで外を見た。
玄関の前にいた男と目があった。
ビックリして飛びのき、声が漏れないように手で覆って部屋に戻った。
私は無言のままA子の手を握って、首を振った。
私はめまぐるしく考えた。逃げなきゃ、と思った。アパートは二階だし、でもベランダからどうにか…
とベランダのある寝室に使っている部屋の方を見た時、心底驚いた。
心臓が一瞬止まって血の気が引いて、次に顔がかーっと熱くなった。
閉めてあったふすまが開いていて、男が二人立ってた。
男たちがニヤリとして、一人が玄関に向かった。
玄関の開く音がして、男たちが数人、入ってきた。
妙なもんで、ああ、土足のままだよ、なんて思った。




767名無しさん@おーぷん2014/09/27(土)21:01:22ID:8O86ZE79x
続き

男の一人が、奥さん、逃げたらだめだよ、旦那の借金はちゃんと返してもらうよ、とかなんとか言ってた。
気づいたら私とA子はへたり込んで、両手をしっかり握り合ってた。
この際だから、お友達にも協力してもらう?なんて、誰かが言った。
私は、男たちの顔を順番に見て、一番偉そうな男の顔を見て、あれ?と思った
ぴた、って思考が止まって、あれ、誰だっけって思った。
向こうも私の顔を見て、何か思い出したみたいで、隣の男に何か言って、私の出したハガキを見て、
また何か言って、全員ぞろぞろと部屋を出て行った。




769名無しさん@おーぷん2014/09/27(土)22:29:34ID:8O86ZE79x
私とA子は、へたり込んだまま茫然としていたんだけど、
私はさっきの男が誰だったか、一生懸命考えていた。
母の男は次々変わって、年も職業もいろいろだったけど、まあどれもろくでなしだった。
でも母の男たちの年齢よりは、かなり若かった。まだ30代中くらい。
それにろくでなしたちは、あんな幹部的な人ではなく、チンピラ程度の下っ端ばっかり。
私の実父も、いわいる「鉄砲玉」かなんかで、刑務所に入っている間に生まれた。
祖父母が認知すると前科者の娘になってしまうと、わざわざ認知しなかったような男。
やっと動けるくらいに落ち着いてから、私は玄関の鍵をかけに行って、なんとなく、ドアを開けたら
その男が廊下に立ってた。
ビックリしたけど、怖くなかった。
顔をじっと見てたら、男が玄関に入ってきた。男は玄関からは上がらなかった。
台所には足跡がいっぱいあって、男はそれを見て、眉をぴくって動かした。
変なもんで、その眉毛で、記憶がぱーっとよみがえった。
男は、義兄でした。

義兄と言っても、幼稚園から小学校の低学年くらいの間、母と暮らしていた男の息子で、
私も同じ苗字を名乗っていた気がするので、たぶん義兄だったんだと思う。
当時義兄は高校生くらいで、原色のTシャツと、ボンタン?ふっとい学生服ズボンの印象がある。
学ランも長くて、膝くらいまであった。




770名無しさん@おーぷん2014/09/27(土)22:33:50ID:k7tEh8XCU
>ドアスコープで外を見た。
>玄関の前にいた男と目があった。
>閉めてあったふすまが開いていて、男が二人立ってた。
もうちょっと、もうちょっと真面目に作ろうよw
吹いてしまったw




771名無しさん@おーぷん2014/09/27(土)22:52:43ID:LKf2a5zC1
>>770
ふすまは寝室の部屋のでしょ




772名無しさん@おーぷん2014/09/27(土)23:05:46ID:8O86ZE79x
続きです。

義兄はとても良くしてくれました。母は私の世話なんか全然しなかったので
一緒に暮らしていた間、義兄がご飯作ってくれました。
よく義兄の彼女が来ていて、ヤンキーだけど優しかった。
妹さんのお古だけどって、かわいい服や、可愛い文具なんかもくれた。
私の人生の中で、あの頃が一番幸せだったように思う。
それでも、その一時期をすっかり忘れていました。
私は、義父に売られていました。義父の小遣い稼ぎで、ロリオヤジたちに、たぶん時間いくらで。
それまでは触られたり舐められたりだったけれど、無理に入れられて、痛くて泣いた。
家に戻っても痛くて痛くて、帰宅した義兄に泣いて訴えたら、病院へ連れて行ってくれた。
たぶん、病院から通報されたんだと思う。義父が逮捕されて、母に殴られた。
お前が我慢しないからだって。
その後、施設に入ったけど、しばらくの間、義兄はよく面会に来てくれた。
私は母に引き取られたり施設に戻ったりを繰り返していたので、義兄とは連絡がとれなくなった。
中学を卒業する頃、母が酔っぱらって車道で寝ていて車にひかれて死んだ。
それで東京へ出てきた。
A子は中学時代、そんな私にでも仲良くしてくれた唯一の友達だった。
でも世の中甘くないよね。中卒で保証人もいないような女を雇ってくれるところなんかない。
結局、昼は超底辺工場で働いて、夜はキャバクラ。そのうち、定時制の高校を出て、
昼は小さい会社の事務に雇ってもらった。当然生活出来ないのでキャバクラも続けてた。





続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/11/14 20:02:00 ID:syurabattle