出典:あぼーん


870おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/03/10(火)17:56:14.34ID:TIiGWFQ5.net
小学校の担任がクラスのいじめを解決できず、自分は月の半分学校休み、出てきたら出てきたで舅姑の悪口言うような人だった(ちなみに担任は男です。妻の実家に同居していたみたいです)
私にとって自分が持てる力、コネすべてを使って教師生命断ち切らせたい人だった。この人のせいでいじめが激化し、以降苦しめられている神経性胃炎にかかったから。
20年経ち、教師生命は経ちきれなかったが、それなりの地位に就いていた彼を大きな顔ができないようにすることはできました。その先生の記念会で、県の教育界の偉い人や名士の前で私が経験したことを話したから(たまたま私にどんな先生か話すように依頼が来た)。
どれだけ辛かったか、しかし助けてくれなかったことを綿々と語り、最後は笑顔で
「でもちゃんと先生してて、○○先生って本当にすごいですよね」
会場がヒソヒソ、渋い顔や「嘘でしょ?」と先生を見る顔。
会が終わり先生は怒りの表情でこちらに来たが、その前方を遮るように名士が「○○さんのお嬢さん!」と挨拶に来た。
「辛い経験されたんですね」「はい。でもだから今の私があるんです。ね、先生?」
名士が先生を見る。その時の先生の顔は忘れない。




871おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/03/10(火)18:04:39.31ID:eg3LO/Va.net
そこで衆目の前で一発殴らせて前科つけてやればよかったのに




872おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/03/10(火)18:08:19.98ID:OZV9ru9R.net
名士がそれをさせなかったからしゃあない




873おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/03/10(火)18:17:25.05ID:ijSDmZv2.net
>>870
スーッとした




874おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/03/10(火)21:21:36.06ID:TIiGWFQ5.net
>>870です
ありがとうございます
この時とばかりに私は自分が持てる力、そして生まれた家の力、コネを使いました。
私の持てる力は文章力と表現力と舞台根性(文章力なんてどこにある?と言われそうな文章書いてますが、私のは小説です。ある生徒の話として紹介させてもらいました。
その生徒が受けた傷、そして何もせずに逃げ回った先生。焼けつく胃の痛みにとうとう血を吐いてしまった。
そんな小学生がいた、それが私です。・・と。

そして生まれた家、コネ。
普段は決して出さず、それはここぞという時のために隠しておきました。
名士が「○○さんのお嬢さんではないですか!」で会場は「あら、あちらが?」となり、先生は怒鳴り付けようとしていたでしょうが、さすがに自重し、卑屈な笑顔で私が名士に紹介するのを待っていたようです。ですが待っていたのは紹介ではなく名士の恐らくは冷たい目。
こちらからは分かりませんでしたが、名士は上から下まで先生を見ると、鼻を鳴らし「では父上によしなに」と私に一礼すると去って行きました
そこからは次々と「まぁ、○○さんの?」「あらぁ、私のこと覚えてる?」と偉い人や婦人連が。
このつながりを作るために今まで愛敬作って、にこにこしながら色々な堅苦しい会に時には父の代理として、時には親戚故に呼ばれて人脈を作ってきました
一度だけ家の名前が出れば後はぞろぞろお客は私の元へ。
先生の記念の会なのに、誰もその先生の傍には寄りませんでした。

それからはこの先生がどうなったかは話題にもなりません
私はそれだけでも満足です。恐らくはあの記念会で味わった経験は忘れたくても忘れられない大恥でしょうから




875おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/03/10(火)21:28:33.44ID:GixMN9ki.net
>>874
人事ながらスーッとスッキリ!!!




877おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/03/11(水)08:24:07.38ID:B5xIQhhV.net
>>874
つらい思いや口惜しさが少しでも晴らせてよかったね
その教師、そういう人なら「名家の娘さん」のことは大事にしそうな感じだが
知らなかったのかな
なんにせよクソであることに変わりはないけど




878おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/03/11(水)13:04:38.73ID:nJoy/51W.net
すっきりしたかもしれんが神経性胃炎と同等の永続的なダメージが先生にないな




879おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/03/11(水)18:25:41.24ID:d35Sz+Ta.net
いじめのことは、親には言うわなかったのか?




880おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/03/11(水)19:12:20.86ID:7eBbtKH1.net
>>878
今まで積み上げてきた信頼の崩壊は十分ダメージだろう。




881おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/03/11(水)19:40:03.40ID:dztne6Ic.net
>>874です
いじめはもちろん親に言いましたし、親も一緒に戦ってくれました。
でも担任本人が乗り出さなければ無理です。
神経性胃炎の痛みに気が遠のきそうになる娘を見て、父が担任に一筆書きました。(それまで自分の立場では口出しすることができなくて、我慢していたそうです)
すると急にいじめた人たち集めて「神経性胃炎にまでなったんだ。苦しめてはいけない」みたいなことを静かな部屋で話したそうです。
とりあえずそれからは毎日蹴られていましたが、それはなくなりました。
私自身、確かに神経性胃炎には苦しめられましたが、一方で打ち込めることが見つかり、どんなことをされてもこれだけは負けない!という気持ちがついたことが、不登校にもならずに通い続けた強さになったと思います。
でも・・中学に入り、止まらない陰口には悩みました。そしてなぜか、あの担任の所に行ったのです。そこで笑いながら「まだいじめられてるの?いい加減にしたら」と言われた時、その担任へのわずかながら残っていた何かが消えました。
そして「私が持てる力のすべてを使ってこの男、潰してやる」と思ったのです。その時はまだ、何ができるかは分かりませんでした。高校に入り、まず自分が生まれた家がどんな家か、周りにどんな風に見られているか、親戚にどんな人がいるかを少しずつ理解しました。
就職は父がどんな人かを知らなかったことで(犯罪者とかではありません)一度失敗しましたが、代わりに学生時代に培った文章力と表現力が今の仕事に大いに役立ってます。
家の力、親の力、自分が持ってる力。すべてを理解した上で臨んだ記念会でした。
親の威光をかさにきた行為でスッとしないと思われるかもしれません。
でも私は一言も誰の娘かは名乗ってません。
すべて集まった人が私を知っていた。そして私の口から自分たちがどんな男のために集まってしまったか理解した。
それだけです




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2019/03/09 16:01:00 ID:syurabattle