147名無しさん@HOME2013/02/20(水)06:59:48.51OID:???
最近になって気付いたことがある。
私は思春期から31才になる今まで母親を恨んできた。というか嫌っていた。
うちは父自営業、母看護師の家庭で、父の実家が裕福だったのとバブル景気のあおりもあり、普通よりは贅沢な暮らしをしていた。

それなのに母だけはいつも身汚い格好をして、父がいくら言っても仕事をやめずにいた。
また、父は父方親族を始め皆俳優のように容姿が美しいのに対し、母は小太りで髪も短いショートで男みたいだし顔も不細工でした。(ほとんど化粧をしないから)
それでも小さい頃は母が大好きだったのに、まだ甘えたい盛りの私をほおって仕事ばかりの毎日。
私は母の戸籍上の母(以下Aさんとします。父がお金を払う変わりに女中みたいなことをしてくれていた)にほとんど育てられた。
それに物凄く潔癖で、毎日仕事をしているのにも関わらず家中の掃除を欠かさず、Aさんがお掃除しましたと言っても信用できないといっては、
柱を磨いたり、床を拭いたりと大忙しでした。

続きます




148名無しさん@HOME2013/02/20(水)07:11:25.04OID:???
そして日曜日になると、家中ひっくり返したように大掃除を始めるので、いつも家で落ち着けたことはありませんでした。
また、例えば私が母のために台所で母の不在時に何か料理をすれば、誉めたり喜ぶより先に「こんなに汚して!なんてことするのよ!本当に面倒なことするんだから」
とヒステリックになります。食器を洗っても洗濯物をたたんでも同じでした。子供だから上手には出来ませんから、仕方ないけど当時は凄く悲しかったです。

母は私の容姿が可愛らしいこと(自分で言ってすみません。)や優しい性格(ただ母が怖くてとてもおとなしかっただけです)がとても自慢だったらしく
「うちの○○ちゃんは凄く可愛くて~」と周囲に言うのが常で、
知人等が「本当に可愛らしいわね~」などと言うと子供ながらにお世辞とわかるのに「そうなのよ!」と言う感じでとても恥ずかしかったです。
また、私がちょっとでも不利な目(友達と喧嘩して泣いたり先生に怒られた等)にあうと、すぐさま相手の家に怒鳴りこむような人で、
「親が守ってあげないで誰が守るんだ!」みたいなことを常々言っていました。
子供って親に心配してもらいたかったり、かまってほしくて時には嘘をつくものなのに、ただ抱き締めてくれたりするだけでいいのに、
いつも大事になるので、だんだんと母には相談出来なくなりました。今でも出来ません

続きます




149名無しさん@HOME2013/02/20(水)07:21:24.21OID:???
それでも愛情のベクトルは違うけど、母は確かに私を愛してくれていたと理解は出来ていました。ただ生真面目なだけです。
反対に父は自営業で時間もお金もあり、とても厳しかったけど、子煩悩だったから毎日習い事の送り迎えをしてくれたり、たくさん遊んでくれたり、
また結構ずぼらな性格だったからお互い気が合い二人でいるときは散らかし放題散らかしてふざけてみたり、父との思いでは腐るほどあります。

しかし父はずっと浮気をしていました。私が幼い頃から母が構ってくれず若い女の人を見ては泣くので、不憫に思ったのか、良く父の浮気相手の人と遊んだりもしました。
相手の女性は良く変わりましたが、皆凄く優しくて手作りのお菓子を一緒に作ったり楽しかったです。
今となれば異常なことですが、父は幼い頃から私に口止めすることもなく、私も子供ながらに絶対の秘密としてその秘密を楽しみにしていました。

ある程度の年齢でそれがいわゆる不倫であり、また許されぬ行為であるとは知っていたものの、
ヒステリックな母の性格や容姿に気を遣わない母を考えると浮気されても仕方ないなぁと思っていました。
続きます




151名無しさん@HOME2013/02/20(水)07:33:43.30OID:???
もちろん母も父の浮気に気付かぬはずがありません。
しょっちゅう喧嘩ばかりしていて、強気の母は父が子供が見ているからと言ってもやめず、「私はあんたに養われてるわけじゃない!私に意見するな!」と言い
男のプライドを激昂させるようなことをわざと言い続け、怒鳴りあいの喧嘩をたくさん見ました。

国家資格がいかにすごいかをいつも言っていたような気がします。

凄く怖かったです。私はただ普通のお母さんのようにおやつを作ってくれたり、二人でおしゃれをして買い物したり、そんなお母さんを望んでいただけで、
たくさんお金を稼いでくれる母なんて欲しくなかったんです。
それに父が十分稼いでくれて、父の実家からも援助がたくさんあったのに、周囲には「夫は浮気ばかりしていて家庭には一銭もくれず、凄く苦労している」と言いまわっていたようです。
母は貧乏くさい格好をしていたので、周りは信じていたみたいです。
父はそんな母に対して何度もたしなめたし、離婚を切り出しましたが、母は頑なに拒否しました。
父はちょっと不幸な生い立ちなので子供を理由にされると離婚に踏み切れなかったようです。
私としてはしてほしかったけど。
母は処女を父に捧げたくらい父のことが大好きだったので、それは絶対にしない行為とはわかっていました。続きます




152名無しさん@HOME2013/02/20(水)07:45:48.35OID:???
長い上に支離滅裂でごめんなさい。

バブルが崩壊して何年かしてから、父が取引先から不渡りをくらったり、保証人になった知人に逃げられたりし、結構な借金をしました。
その頃、母は父の実家ともめにもめ父も距離を置かざるを得ない状況でした。なので融資を頼めません。その借金を母は一括で父にあげました。(額は3千万くらいです)そしてその変わりに父の会社の共同経営者になりました。
ますます父は離婚できなくなったと思います。
このころ私は母が帰宅するのと入れ換わりに、浮気相手のところへ行ってしまう父への恨みからか肉体的な虐待や
「お前はお父さんにそっくりだから将来売女みたいになる。外見だけでしかちやほやされない中身のないくず」みたいな言葉の暴力を受けており
心底母を憎んでいました。
不思議と父に憎しみは無かったです。
そんな毎日が続き、私は進学を期に逃げ出すことに成功しました。
母から看護師になるかお嬢様大学に入れ、それ以外は認めないの2択で、資格のある女性にトラウマがあったのでお嬢様大学に行きました。
売女になるといわれ続けていたので、キレイになることにも抵抗があり、お嬢様大学でまぶしかいばかりにキレイな女性ばかりがいるところは
嫌だったのですが、仕方なしでした。それからはメール等で父の悪口や私への罵倒だけですむようになりいくらか楽になりました。
続きます




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2019/06/12 09:02:00 ID:syurabattle